子供の英才教育のうわさ

人気記事ランキング

ホーム > 病気 > 性病の検査の重要性について知っておこう

性病の検査の重要性について知っておこう

近年では性の低年齢化により10代でも性交渉を経験したことのある人も増え、感染する年齢も低くなってきる傾向にあります。

そのため女性であればおりものから異臭がしたり性器が痒くなる、性交渉時に痛みを感じたりするような症状が出たり、男性であれば排尿時に痛みを感じたり白色や黄色い分泌液が出る、尿道の痒みなど異変を感じるような症状があれば性病の検査をしてみることが大切です。

 

性病は男女ともに初期症状では気付きにくいことが多いとされています。

自然治癒する場合もありますが、自然治癒せずにそのまま放置されることで重症化し、男女関係なしに不妊症の原因になったり早産や流産の危険性も起こる可能性もあります。

そのため気付いた時点で検査をし、早急に治療が出来るかどうかは重要なポイントになります。

 

性病は主に性交渉により感染するため、性交渉するパートナーがいる時点で自分だけの問題ではありません。

パートナーにも感染させてしまう可能性がある以上は、異変を感じるようになった時点で検査をして性病に感染しているかどうかを判断する必要があります。

 

性病に感染しやすい人として不特定多数の人と性交渉をしている人が挙げられます。

主に性交渉により感染することを思えば、複数の人と関係を持った人ほどリスクが上がることは事実です。

しかしヘルペスのように免疫力の低下が原因になったり、カンジダのように免疫力の低下だけでなく抗生物質の使用によっても発症する性病があるので、必ずしも性交渉が原因と言い切ることは出来ません。

 

性病というと恥ずかしい、と考える人がいるとは思いますが、自分の体の状態によっては自然に発症する場合もあるので恥ずかしがらず、自分の体とパートナーの体を守るためにも検査をし、必要な治療をすることは大切です。

性病検査の重要性

 

不特定多数の人と性交渉をしたことのある人、パートナーから性器周辺に異変を感じていると聞いたことのある人、不摂生な生活などにより免疫力が低下するような生活をしている人は、性病になっている可能性があるかもしれません。

 

自分だけでなくパートナーのためにも検査をすることは大切だと言えるでしょう。